月うさぎ

手のひらにのる、お月さま。

「見立て」は、日本の伝統表現のひとつ。
この秋、庵主が月夜に見立てたのは、ふんわり丸い、どらやき。
小ぶりに仕立てた焼き生地にちょんと印をつければ月夜の子うさぎ。
ひとくちほおばれば、ふっくらと炊き上げた丹波大納言の豊かな風味が、口いっぱいに広がります。

丹波大納言のどら焼き

2つの月に、思いを馳せて。

秋の贅沢、「お月見」。実は、一秋に2度も月夜を愛でる風習があるのは、ここ日本だけ。
旧暦8月の「十五夜」(中秋の名月)と旧暦9月の「十三夜」。
「芋名月」と呼ばれる十五夜には、旬のお芋のお菓子をお供えし、澄んだ夜空にかがやく名月に祈りを捧げます。
別名「栗名月」の十三夜の月は、満月には遠い、欠けた姿。完璧でないその姿こそが美しいと、古来より、日本人は十五夜の月とともに楽しんできました。
かつて豊作の感謝を月の神様へ祈った先人に想いを馳せて、秋の夜長に、親しい人とのひと時を楽しんでみるのもまた、一興です。

はなひら雪 鳴門金時の芋餡

スタッフのコメント

直営店スタッフからのコメント

愛らしいうさぎの姿がお月見の季節にぴったりの、季節限定菓です。どなたにも好まれる控えめな甘さと、柔らかな口どけが、何かとお集まりの多い時期のお茶菓子としてもご用命いただいております。

日保ち 約7日
特定原材料 卵・乳

*物流及び販売に要する時間の都合上、ご購入時点での日保ち表記は、当Webサイトに記載している日数より短くなります。個々の商品に記載されている期限日をご確認の上、お召し上がりください。
*意匠、包装サイズ、販売期間は予告なく変更となる場合がございます。予め、ご了承くださいませ。


現在登録されている商品はありません
和菓子 お詰め合わせ

菓游 茜庵 本店

徳島城跡をのぞんで佇む、静かな庵。
鳥の声や 風の音
おてんとうさんの暖かさ・・
和の繊細な美意識や
ほっと心安らぐひとときを
小さなお菓子を通して
お伝えできればと 願うております。

*茜庵の名は 裏千家今日庵副理事長
納屋嘉治様より頂戴いたしました。