国産和栗のお菓子

茜庵の栗のこと

こっくりと深まる秋を伝える、栗。
茜庵では風味の異なる3種の和栗を使い分けて、お菓子に仕立てます。

なると金時「里むすめ」のこと。

奥深く、華やかな風味の餡や栗粉に仕立てるのは、徳島県や高知県四万十市で栽培された、特別な一粒。
ふくよかな栗を育てるコツは、寒暖の差が激しいこと、年間を通じて安定した雨量があること、それから、肥沃な土壌があること。
これらの特性を知り尽くした地元農家が、大自然の恵みを最大限に活かしながら、たっぷりと甘みのある栗を育てます。

  国産和栗

四万十の栗農園でたっぷりと育った、大粒の栗。

なると金時「里むすめ」のこと。

ふっくら、大粒の一粒栗は、日本全国から選りすぐりのものを。
大粒栗は毎年、気候の変化によって甘味や食感に微妙な違いがでてくるもの。
各地から取り寄せた栗の中から、熟練の職人がこれぞという一品を仕入れます。

  国産和栗

茜庵に届いたばかりの、大粒の栗。

選りすぐりの栗が届いたら、じっくり蒸しあげ、一粒一粒、殻を取り除き、丁寧に裏ごしして、
たっぷりとした餡に仕上げていきます。

少し手間はかかるけれども、素材を活かす手間暇は、決して惜しまないこと。茜庵創業以来の、変わらぬ想いです。

  国産和栗

一粒一粒、殻を取り除き、丁寧に裏ごしします。

鳴門金時 里むすめをつかった茜庵のお菓子

耕不尽
耕不尽

ふっくらと育っ

た国産の和栗を、自家製の粒あんで上品に包んだ、
シンプルなお菓子です。

遊山
遊山

国産和栗、なると金時、柚子など7種の秋を楽しむ創作菓子。
栗は秋だけのお楽しみの味です。