あかねごよみ

むりせず自分らしい
「和のある暮らし」をさがす旅。

茜庵 喫茶のお菓子 朝生菓子

水無月(6月)のお菓子:夏越

梅雨はじまる時節の歳時菓

「樹も草も 静かにて 梅雨はじまりぬ」と詠んだのは、昭和の俳人。
しとしとと優しい雨音もまた、季節のごちそう。

今月は とびきりの歳時菓をご用意いたしました。

夏越
今は昔 ただ夏を越すことも 容易ではない時代がありました。
先人たちが行ったのは、半年間の間に知らず知らずの間にたまっていった 心身の穢れや厄災を祓い清めて、一心に祈りをささげること。
残りの半年を 元気に過ごせるよう6月の晦日は、いわば半年間のけじめの時期とされました。

茅の輪 徳島
茜庵でも、まもなく茅の輪の飾りをご用意して お客さまをお迎えする頃となりますが
今月の喫茶のお菓子 「夏越」は、この行事と結びついたお菓子。
夏越

白胡麻に葛・小豆をたっぷりとつかって
瑞々しく、風味ゆたかに仕上げた一品。


この夏も きびしい暑さとなりそうです。どうぞお元気で乗り越えていただけますようにと願いをこめて、
毎朝せっせと お仕立ていたします。

六月の立礼席のしつらい

「立礼席(りゅうれいせき)」とは、椅子とテーブルの茶室。
茜庵本店で喫茶をご利用のお客様には、こちらのスペースでお菓子をお楽しみいただきます。

立礼席

今月は、ちょっと面白いお軸がかかっていますので ご注目あれ。

掛け軸 お茶席

徳島ゆかりの画家、守住貫魚が描いた 屋根裏行列 鼠の嫁入り。
守住貫魚(もりずみつらな)は、幕末から明治の前半にかけて活躍した日本画の画家です。

絵のチュウ央には、駕籠にのった花嫁の姿。
綿帽子のすまし顔にも、貫魚の洒落を感じます。

守住貫魚

ローマ神話の主神・ユピテルの妻である女神ユノ(Juno)は、結婚の女神とされます。
彼女が守護を担当する月であることから英語でJuneと綴りますが
六月の花嫁は生涯幸せであるという「ジューン・ブライド」の語源は、どうやらここから。

安南写しの水指。

フェミニンな曲線美が印象的な、安南写しの水指。


とろけるような茶器をあわせて。

本席(奥の八畳の茶室)のしつらい

「夏は涼しく 冬は暖かに」とは利休の教え。
火の気配をおさえて、すっきりとコーディネート。

香合
木目が涼しげな 香合は、瓢箪に朝顔。

・・・・
しつらいとは、和のコーディネート遊びのようなもの。
リラックスしてお菓子を召し上がっていただけるだけで何よりですが、しつらいの遊び心まで覗き見ていただくと、ちょっとお楽しみが増えるかもしれません。

関連記事

  • お世話になった方への夏ギフト。ただいま送料早割をおこなっております。

  • 深い琥珀色のわらび餅は、本わらび粉と和三盆糖で丹念に練り上げた一品

  • ラインでほっと一息しませんか。

  • 大切な方へのギフト、どれにしようか迷ったら.....。

菓游 茜庵のこと

cart

PAGETOP